記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備運動は結構大事。やらないと逆効果かもしれません。

準備運動の大切さ

頭痛を改善するために運動はしたほうがいいと考えるのですが、
運動する前の準備運動、終わった後のクールダウンはやらないと逆効果になるかもしれません。
身体をほぐしてから運動に入らないと体は偏ったうごきになりやすいのではないでしょうか?
弱いところに負担が来ます。
身体が全体に動かないと運動の効果も薄くなりそうです。
さらに一番弱いところに負担がかることで、なにかよくない影響がでるかもしれません。
しっかり準備運動をするべきです。
いきなり運動をすると心臓や血管にも負担が大きいです。
心臓は無意識に動いています。
心臓の動きは自律神経で支配されています。
その心臓への負担が大きいと自律神経が乱れることにつながるのではないでしょうか?
まずは準備運動をして、心臓へ「今から動かしますよ」というサインを送ってあげる必要がありそうです。
声にださないまででも、頭で今から運動すると思いながら準備してあげると、心臓への負担が軽減されるのではないでしょうか?
意識することは重要だと考えます。

まずストレッチなどで様子を見る
頭痛がある人は体が硬くないですか?
運動をすると頭痛が・・・なんて人はまずストレッチなどで様子を見るといいと思います。
痛くなる兆候が出てきたらいったん止めて様子を見ましょう。
身体が硬いと身体が連動せず、地面からの衝撃の負担が弱い部分に集中するからだと考えます。
頭痛持ちの場合、首とか肩とかから頭痛になっていることが大半のようなので、しっかりと準備運動をしたほうがよさそうです。
しっかり頭が足の上にあることを意識してやったほうがいいようです。
適当にやると効果はないかもしれないのでこの意識は持ちましょう!runner-690265_960_720.jpg



意識を持つこと

準備運動の時間よりも、運動するということが意識できる動かし方が重要だと考えます。
ここでも力を入れてストレッチするのではなく、力を抜いてゆっくりやることがおすすめです。
力を入れてやると、自然な動きではなくなってしまいます。
でも力入れないと変な方向に向いちゃうって人は、無意識にどこかに力が入っているかもしれません。
運動をする意識をもちながら力をぬいていくといい感じです。

よくやる気スイッチなんて言葉がありますが、人間の身体はスイッチなんてついていません。
スイッチの考え方は人間には向いてないように思えます。
切り替えは早いほうがいいですが、スイッチを切り替えるイメージだと体への負担が大きいように感じます。
運動でなくとも、何かをする際に、準備をするということは行動を起こす前には重要なことではないでしょうか?
人間はアナログです。
デジタルではありません

準備をして切り替えをする習慣をつけたいものです。
言ってる本人もできてないことが多いですが笑
そういったときはたいがいミスします。
やはり何をやるにも準備することは重要なようですね♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

姿勢を治して体質改善!身体と頭を動かそう

zutsureleasehth

Author:zutsureleasehth
頭痛に悩んで12年。偏頭痛持ちです。
最近ようやくパソコンやスマホが見れるくらいに改善しました。
自分の改善方法、考え方などを書いていきたいと思います。
頭痛を改善を考えていた時に、身体との繋がりは必要不可欠だと感じました。
身体全体の話も多いかと思いますが、身体を改善することは頭痛の改善につながります。

主観がかなり入っていると思いますがよろしくお願いします笑

何をするにしても体が資本です。
体の状態がいいとやれることも増えるはずです。
このブログがなにかの役にたてればうれしいです。

最新コメント

参考になれば応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。