記事一覧

偏った頭痛対策は効果が出にくいかも?

偏った頭痛対策
頭痛の対策でいろいろやられている人は多いのではないでしょうか?

active-84646_960_720.jpg


頭痛対策には様々な方法があります。
食生活の改善
運動不足の解消
身体の柔軟性を上げる
睡眠時間をしっかりとる
教養をつけて身体の芯から改善
水分補給をしっかりする

などなど他にもいろいろ対策をされている人はいらっしゃいますよね。
でもどれか一つだけを集中的にやりすぎたりしていませんか?
もちろんそれの効果があって治った!って方もいるかもしれません。
でも対策も一つだけでは効果がうすいと思います。
ひどくなる時は一つだけではなくいろんな方向からの身体的ストレス、精神的ストレスが原因ではないでしょうか?


平均的にベースアップを
なのでいきなり一つだけを100点を目指すのではなく、
いろんなものを少しずつ改善していくほうがいいと考えます。

頭痛の改善にはいろんな方向のアプローチが必要ではないでしょうか?

ちょっと違う話かもしれませんが、
学校のテストを思い出してみてください。
国語、数学、英語、理科、社会など他にもありますがとりあえず5教科。
赤点や欠点など30点以下は追試アリ。
追試を受けたことがある人もいるのではないでしょうか?


1.国語90、数学10、英語60、理科100、社会20・・・合計280点

2.国語50、数学55、英語60、理科45、社会50・・・合計260点

平均点は1番のほうが高いですし、国語と理科は高得点ですね。
2番の人は高得点はありませんし、合計点でも負けています。

でも1番の人は数学と社会は追試を受けなくてはいけません。
2番の人はそれぞれの点数こそ高くはありませんが追試はクリアしています。

頭痛も一つの改善をがんばっていてもそれ自体のやっていることは十分足りているものかもしれません。
自分の苦手なもの、できないものもやらなければ効果は薄いのではないでしょうか?
間違っているかもしれませんが自分はこう考えています。
身体は何が足りなくてもうまく動かないと思います。
50点でいいものはまず50点を目指す。
それが全体でできたらより高い点数を目指す。
例えば食習慣を改善するのであれば、ご飯を定時に食べる、外食を減らすなどができるようになってからでないと、
頭痛に効く食べ物の組み合わせを考えたり、栄養素を考えたりと段階をふんでやっていかないと効果は薄いと思いませんか?

そこは毎日基本的なことができるようになってからだと思います。


始めはとりあえずできることをやっていく必要があります。
もちろん一つやってみて改善すれば文句はないのですが、ある程度対策ができるようになったら一つのことを突き詰める前に、他のことでやれてないことはないか考えてみてはどうでしょうか?

また別の原因なのかもしれませんよ。
m030239.jpg

まとめ
頭痛持ちは頭痛を治すこと大事だと思います。
でもやっていくうちに頭痛を治すことではなくて、頭痛対策の一つを極めることにすり替わっているかもしれません。

それで改善の兆しがあれば問題ないです。続けてください。
しかしなにか一つの改善策を続けていても効果がない場合は違うところから改善していきましょう。
もちろんいままでやってきたことをやめるわけじゃなく、少し手を抜いて他のこともできるようにしてみる
そうやっていくことで、ご自身にとっての原因も見えてくるかもしれませんよ?
地道な作業ですが、頭痛を改善するには自分のことを知ることは重要だと考えます。
偏った対策で駄目なら少し視野を広げた対策をしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

姿勢を治して体質改善!身体と頭を動かそう

zutsureleasehth

Author:zutsureleasehth
頭痛に悩んで12年。偏頭痛持ちです。
最近ようやくパソコンやスマホが見れるくらいに改善しました。
自分の改善方法、考え方などを書いていきたいと思います。
頭痛を改善を考えていた時に、身体との繋がりは必要不可欠だと感じました。
身体全体の話も多いかと思いますが、身体を改善することは頭痛の改善につながります。

主観がかなり入っていると思いますがよろしくお願いします笑

何をするにしても体が資本です。
体の状態がいいとやれることも増えるはずです。
このブログがなにかの役にたてればうれしいです。

最新コメント

参考になれば応援お願いします