記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き返される人は原因を知ることで治るかも?

「えっ、なんて?」

よく聞き返される人いますよね。
自分もその部類なんですが・・・笑
普通に話していても伝わらない・・・結構精神的にも疲れるし、気力も奪われることがあります。
そのストレスで頭痛になることもあると思います。

そもそも声とは

人や動物が発声器官を使って出す音。

です。
口は前に向いているので前に飛びますが
音は球面波で、出たところから球体上に広がっていきます。

喉から出た音が口から出ます。

そして話している人の耳に届いて鼓膜が振動し、相手の脳内に信号として伝わるのです。
sculpture-2275202_960_720.jpg


伝わらない原因

音が小さすぎてわからない

肺からの空気量が少なく音量が出ていないのかもしれません、
自分の声は空気振動と骨伝導で聞こえますが、話す相手は空気振動だけですし、話す内容をその振動からしか読み取ることができません。
なのでしっかり息を出して音量を出さないと聞こえづらい人も多いようです。
大きな声を出すことに慣れていない、静かな環境で生活していると声も小さくなるようです。


声量はあるのになぜかわかりづらい

声は大きいのですが、唇が動いていない可能性があります。
唇が動いてないと滑舌がわるくなるようです。
唇があまり動いていないということは、口の中のスペースも少なく、舌も動かしづらくなります。
それに音が出る口の大きさも小さくなります。

骨格や歯並びの悪さでもなるようです。
テレビでも芸人さんがそれを売りにしてる番組がありますよね?
芸人さんなら笑いがとれますが、仕事場では伝達できないのはなかなかストレスがたまる原因になってしまいます。


話す内容がはっきりしていない
話の内容がまとまっておらず
意味が伝わっていないのかもしれません。
しっかり考えをまとめましょう。


自信がない
自分に自信がない、自己否定しやすい人の声はとてもききとりにくいと感じます。
声量もなく、口の動きも少なくなってしまうからでしょうか?

早口で話す
早口だと口の動きも小さくなるため滑舌もわるくなりやすいです。
しっかり発音できていたとしても相手が理解できない場合もあります。

改善方法は?
声が出ない人は
姿勢がわるくないですか?
顔がうつむいていても声は下に飛んでしまいます。
猫背や反り腰など姿勢が悪いと呼吸がうまくできません。
呼吸が浅いと吐く息も少なくなるため声も小さくなりやすいと考えます。
しっかり息を吐いてから、深呼吸をしてみる。
案外吸えるはずですよ?

そして声を出す方向です。
口から声を出すので前方に飛ばしたいと思ってしまいますが、これだとうまくいかないようです。
ボイトレとかの本を読んだ時に頭の上に息が抜けるように声を出すとかいてあることが多いです。


息をするときのイメージを鼻や口からといったイメージではなく、頭や足の裏といった重力に対しての向きに出すイメージに変えてみてはどうでしょうか?
声を出す時も同じイメージでやると自分は結構効果ありました。

あとは舌のトレーニングや表情筋トレーニングをしてみてはどうでしょうか?
舌を思いっきり出して回転させたり上下左右に動かしたりします。
表情筋トレーニングもいろいろありますが、全力で「い」と、「う」の動きを続けてやると顔がかなり動くと感じます。
個人的な方法ですが、よければ試してみてください。
もちろんいろんな方法があるので自分で調べてやってみるのが一番ですよ?
能動的にやったことは、継続しやすいはずです。



骨格や歯並びの悪さが原因の人は
骨格はどうしようもないようですが、整体に行ってみてはどうでしょうか?
頭蓋骨は結構歪むものです。治してもらうとよくなる可能性もあると思います。

歪みが少なくなれば顔の筋肉も動きやすくなり、口の開く大きさも大きくなり、声も出やすくなるのではないでしょうか?
お金と時間はかかりますが歯の矯正をしてみるのも一つの方法です。


話す内容がはっきりしない人は
しっかりまとめて話せるようにしましょう。
普段の会話なら大丈夫ですが、しっかり伝達したい言葉がある場合は一呼吸おいて、話す内容を整理しましょう。


話がまとめられない人は知っている言葉の数が少ないのかもしれません。

本を読む、人の話し方をじっくり聞いてみるなどしてみてはどうでしょう?
普段しゃべらない人は言葉が出にくくなります。
お勧めは小説を読むことです。
自分が好きなだけかもしれませんが笑
ライトノベルでも、話題の本でもなんでもいいと思います。
新しい言葉や言い回し、比喩なんか出てきて楽しいと思いますよ?


自信がない人は
自信を持てる何かを探すことからではないでしょうか?
自分のためになにかするのではなくなにか他人のためにできることはありませんか?
役にたった記憶は自信になると思います。
自分のためだけになることもいいとは思いますが、ふとした時に壊れると修復できなくなります。
なにか自分以外の誰かの役に立てることを増やしていってはどうでしょうか?
他人と触れることで話し方も変わってくると思っています。

早口で話しやすいひとは
ゆっくり話しましょう。
といっても癖もあるとおもうのでなかなか改善できないかもしれません。
話す際に気を付けられるひとは、意識してみてはどうでしょうか?

呼吸は浅くなっていませんか?
しっかり息を吐ききって深呼吸してみましょう。
少しは変わると思います。



あとは自分の声を録音してみることです。
録音したものを自分で聞いてみる。
改善した声をもう一度録音しなおして聞いてみる。
これが一番効果があるかもしれません。

ただ毎日続けるべきです。
あほらしいことかもしれませんが、続けないと効果は一過性のものになってしまいます。
マイナスだと思っていること、苦手なことを治すには継続が大事だと考えます。
プラスなこと、できることは勝手に努力するものです。
だからどんどん上達します。
続けられる環境を作りましょう。
やることをマニュアル化してしまうのがおすすめです。
やろうと思えないこと、したくないことは人はしないものです。
sound-144336_960_720.jpg

まとめ

原因によって改善方法はさまざまですが、基本的には自分の声がどういったものなのかを知ることが大事だと考えます。

まずは録音してみて、聞いてみる。
聞けることなら他人に「どう聞き取りづらいか」聞いてみる。

頭痛や体質とは関係なさそうに思えますが、姿勢が悪くなっていたり自信がなくなっていることで頭痛につながります。
聞き返されることが増えてきていると感じたら、注意してみてはいかがでしょうか?

そこで原因をひとつずつ解決していくことが、根本的な解決方法だと思います。
めんどくさいと思ってしまえばそれまでです。
一つ一つやれることをやっていきませんか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

姿勢を治して体質改善!身体と頭を動かそう

zutsureleasehth

Author:zutsureleasehth
頭痛に悩んで12年。偏頭痛持ちです。
最近ようやくパソコンやスマホが見れるくらいに改善しました。
自分の改善方法、考え方などを書いていきたいと思います。
頭痛を改善を考えていた時に、身体との繋がりは必要不可欠だと感じました。
身体全体の話も多いかと思いますが、身体を改善することは頭痛の改善につながります。

主観がかなり入っていると思いますがよろしくお願いします笑

何をするにしても体が資本です。
体の状態がいいとやれることも増えるはずです。
このブログがなにかの役にたてればうれしいです。

最新コメント

参考になれば応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。