記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首ボキが癖になっている人は頭痛もありませんか?

疲れたときに首をボキっとならす。
気持ちいいです。
でもこの首ボキ、やめたほうがいいようです。
頭痛と関係しているかもしれません。

giraffe-50724_960_720.jpg

何故音が鳴るのか
音にもいろんな種類がありませんか?

ミシミシといったきしむような音
筋肉疲労から筋肉が固まり、音が出ているようです。
原因はスマホやPCなどによってもよらなくても日常的な姿勢の悪さが原因のようです。
うつむいてしまう自覚がある人は気をつけましょう。
うつむいていると首の筋肉は緊張しっぱなしで、疲れやすくなってしまいます。



ボキっという破裂音のような音

キャビテーションと言うもので、は骨と骨の間に間接液というものがあり、間接を曲げることでここに気泡がたまり、その気泡がはじけるときに音が鳴るようです。
手の指や肩など同じ理由でなっています。
これは破裂する気泡がたまるまで時間がかかるので、一度ならすと当分なりません。
音をならすことでまわりの筋肉が弛緩するため癖になるようです。

気泡が破裂したときの衝撃によって間接の肥大します。
さらに気泡ができやすくなったりして、余計に音がなりやすくなるようです。
関節の肥大によって神経や血管を圧迫してしまうと偏頭痛の出来上がりですね。
首は脳と身体をつなぐ場所のため、神経もいっぱい通っています。
影響を受けやすくて当然ですね。

しゃりしゃりという音

自分は首を横に回したりすると出ます。
これは骨の間の軟骨が減り、骨に棘ができてそれが骨とこすれて音がするようです。
この棘は、一つの場所に負担がかかり続けていたため、その負担から自分を守るために、新しい骨を作ろうとする働きによるものだそうです。
手や足もタコができたりするので、人間の身体の防衛本能のようなものでしょうか。
この音が鳴り出すと、頚椎のトラブル、骨盤の亜脱臼が起きている可能性があります。
亜脱臼とは関節から骨が外れかかっていたり関節と骨が部分的に接触している状態の関節のことです。
亜脱臼になると神経の圧迫の危険があったりします、背骨周りは神経が集まっているところなので注意が必要です。
腕や手がうまく動かない人は頚椎に問題があるかもしれません。

そもそも首は構造上回す動作が苦手です。首がこったからからと回したり、鳴らしたりすると逆効果なことが多いようです。

首を動かす、回すよりも、肩を回してあげたほうが負担が少なくなります
肩の筋肉は首にたくさん繋がっているため効果が期待できます。

素人が首を直接抑えたりもんだりすることは逆効果だと思うので控えるようにしたほうがいいですね。
首には強い筋肉がないため、他からの影響を受けやすいです。
電車や車で悪い姿勢のまま居眠りすると首への負担が大きくなってしまいます。

OZP86_kubigaitaidesu_TP_V.jpg

まとめ
音をできるだけ出さないように心がけることが大事になってきます。
癖になってしまっている人は自分が音を出していることに気づくところからが大切です。
毎日使う身体ですのでわかる範囲で改善しましょう。
壊すよりも治すほうが大変です。
少しずつ気づいたところから改善していきましょう!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

姿勢を治して体質改善!身体と頭を動かそう

zutsureleasehth

Author:zutsureleasehth
頭痛に悩んで12年。偏頭痛持ちです。
最近ようやくパソコンやスマホが見れるくらいに改善しました。
自分の改善方法、考え方などを書いていきたいと思います。
頭痛を改善を考えていた時に、身体との繋がりは必要不可欠だと感じました。
身体全体の話も多いかと思いますが、身体を改善することは頭痛の改善につながります。

主観がかなり入っていると思いますがよろしくお願いします笑

何をするにしても体が資本です。
体の状態がいいとやれることも増えるはずです。
このブログがなにかの役にたてればうれしいです。

最新コメント

参考になれば応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。