記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かき氷の後のキーンとした痛みと原因。

夏といえば氷
夏、アイスやかき氷おいしいですよね。

食べ過ぎには注意が必要ですが、身体をクールダウンさせるのにはもってこいです。

一気に食べ過ぎたりするとくる、あのキーンといった痛み。
夏になれば必ずと言っていいほど味わいませんか?
特に偏頭痛の人はなりやすいようです。

あれにも名前があって「アイスクリーム頭痛」というそうです。

いやいや冗談でしょと思ったんですけど、医学的な正式名称なんですって笑

そんな頭痛ですが何故起こっているのでしょうか?
TSU882_kakigoorideatamaki-n_TP_V.jpg

アイスクリーム頭痛の原因

これは冷たいものを一気に掻き込むときに起こりますよね?
夏暑いとアイスも早く溶けますし、身体も暑いから早くたべたくなりますし。

wikiによると
・冷たいものを食べた際に口腔内の温度が急激に低下し、反射で体温を上昇させるため頭に通じる血管を膨張させて血流を一時的に増大させ、それにより頭の血管に一時的に炎症が発生して頭痛を引き起こす。

・冷たい物が喉を通過することにより、喉の三叉神経が刺激され、この時に発生する伝達信号を脳が勘違いし、関連痛として頭痛が発生する。

脳の勘違いで血管に負荷がかかりすぎたら起こるんでしょうね。
このどちらも正しいようで双方の原因で頭痛になっているようです。


予防法と対処法

・ゆっくり食べる

ゆっくり食べれば痛くならないですよね。
それは反射が起きない程度の温度差だからだと思います。
でもゆっくり食べてると溶けてしまう!
なので、外で暑い中食べるのがいいという人もいると思いますが、涼しいところでゆっくり食べましょう。
アイスを味わって食べるのが一番頭痛の予防になりますね笑

・冷たいものと温かいものを同時に食べる
これも効果があるそうですが、個人的にはあまり賛成できません。
こういう急激な変化は自律神経にはあまりいいような気がしません
身体も疲れてしまいそうです。

天然水で作られたかき氷を食べる
天然水で作った氷は空気をたくさん含み、ふわふわになるため口の中の温度が下がりにくいようです。
そうすれば反射は起こらないんでしょうね。
ちょっと高級な感じも味わえて一石二鳥かも?


それでもなってしまったら、
おでこやこめかみを冷やすことで痛みが軽減できるそうです。
もう一個アイスが必要になってきますね笑
次食べるストックを買っておくといいかもしれません。

身体を冷やすことは熱中症対策として必要です。
ですが食べ過ぎは、糖尿や低血糖の原因にもなるので注意も必要です。
何事もほどほどに、アイスを食べることが癖にならないようにしたいですね!
(半分は自分に言っています)
spumoni-ice-cream-617725_960_720.jpg

アイスもたまに食べるからおいしいものですよね?







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

姿勢を治して体質改善!身体と頭を動かそう

zutsureleasehth

Author:zutsureleasehth
頭痛に悩んで12年。偏頭痛持ちです。
最近ようやくパソコンやスマホが見れるくらいに改善しました。
自分の改善方法、考え方などを書いていきたいと思います。
頭痛を改善を考えていた時に、身体との繋がりは必要不可欠だと感じました。
身体全体の話も多いかと思いますが、身体を改善することは頭痛の改善につながります。

主観がかなり入っていると思いますがよろしくお願いします笑

何をするにしても体が資本です。
体の状態がいいとやれることも増えるはずです。
このブログがなにかの役にたてればうれしいです。

最新コメント

参考になれば応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。